不妊治療を行う

妊娠した女性

普通に妊娠して、出産を迎える夫婦もいますが、中には不妊症で子供が出来ないところもあります。
そういった夫婦に対して、不妊治療が行われます。
産婦人科で行うことが出来ます。
不妊の原因は、女性側にあると考えられていましたが、最近では男性側に原因がある場合もあることが分かってきました。
産婦人科で不妊治療を受けるときには、どちらにどういった原因があるのかを調べる必要があります。
どちらか片方に原因がある場合と2人に原因がある場合があります。

産婦人科で不妊の検査を受けて、治療を行っていくのが一般的ですが、その前に不妊がどういうものかを知っておく必要があります。
不妊専門のカウンセリングもあるので、まずは夫婦2人でカウンセリングを受けに行くといいでしょう。
そこで不妊治療に必要な心のケア・必要な知識を得るようにしましょう。
治療を受ける前に、カウンセラーを探しておくといいでしょう。
また、勉強会もあります。
不妊治療をサポートしている団体が主催している勉強会があり、治療や検査の前に参加が望ましいです。

産婦人科での不妊治療の方法は、まずタイミン療法から始まります。
排卵周期を確認して、排卵日に合わせて性交渉を行うというものです。
初めて不妊治療を行う夫婦が行う最初の治療法で、これによって妊娠する夫婦もいます。
他には人工授精・体外受精・顕微鏡受精というものがあります。
それぞれ段階を踏んで行ったり、原因や体の状態によって行う治療が異なったりします。